竿MHH90 U CHIKARA
鮎釣りは素晴らしい!」 河川” 捲土重来を期して
CHIKARA・インプレション・トーナメントチャンプ使用感を語る

「しょうりゅうかんツー」もしくは「翔龍竿 ちから」と御呼びください!

  戦いの火ぶたは28年秋より切られていた。
通常NEWアイテムを造り販売しようとする時、竿の概要が決まっていなくてはプロトは造れないのは当然。
この竿のコンセプトは初期対応15〜18〜20cmの元気君の数釣り./陸封型の中小河川への湖産系・県産鮎の生育状況の把握/降海型河川での天然・放流鮎の占有状況等を知る事で対応する竿を机上で3年 現場で2年掛け決めて行った。
水況・天況・釣況を加味し竿のテスト繰り返す事で微妙でシビアな修正≒無形〜有形の美を創り上げて行く。

今年H30年5月解禁から6〜7月の梅雨時の水位の変調はたまた空梅雨―渇水という天のいたずらにも対処 盛期8月〜大鮎9月。とフルシーズンテストをする為に2年前迄には申込申請を工場へ出していたから何時もより余裕が漂う。
福井と言えば「九頭竜川」が鮎の川として荒瀬に立ち込み振子抜きで取り込む秘技[九頭竜返し」は余りにも有名。
 条件が揃えば鮎師のステータスである束釣りと尺鮎釣りが楽しめ鮎の聖地として名を馳せた。
 ところが諸処の要因が折り重なったのだろう!? 
天然鮎の激減と放流鮎の消滅??+放流量のカット等マイナス要素を野放し・放置し続けた[つけ]がH29「釣れない川」として回って来てしまった。
強いて記すが漁協組は利権体質が付きまとう組織である為「利」がなければ・・・・・・手を講じない。先手を打たない。原因を突き止めない。  改善策や保護案・集客案等もっともっと提案・実行して行くべきである。
と記述をし終わろうしていた矢先九頭竜川の白濁が諸悪の原因と1年余をかけ漁協組・電力会社・生コン会社・ダム管理事務所等等を調査した結果ようやく特定する事が出来結論が出ましたとK先生から報告に伺いますとの連絡が入る。

この項では多くは語らないでおく。
永い道程を振り返ると挫折・疑心で中座・頓挫しがちなテーマ。
K先生の明晰さを含んだ行動力に改めて敬意を表したい。
結論は3つの組織のエゴが追求される。 詳しくは以下釣りを愛し自然を愛するk先生のアカデミックなデータで
分析された報告書が見られるブログ[九頭龍 鮎の会」を御覧下さい。
[九頭龍鮎の会」へアクセスし是非 k先生の情熱・洞察・論理・尽力・正義・倫理感等を共有して頂けたら幸甚です。

話を戻し、福井には九頭竜(中部)の他に奥越(石徹白川) 九頭竜・真名川(大野) 九頭竜(勝山) 足羽川 日野川 竹田川 等が在ります。九頭竜(中部)ばかりが河川じゃない。郷に入れば郷に従え!の教え 先達の言う通りである・。
繊細な釣りもハイテクな釣りも認知されていると共に使い分ける事は当たり前!の時代になっています。
他都道府県の方々も一番使用頻度の高い竿は、硬中硬 硬中硬POWER 早瀬 早瀬P 硬調 急瀬で200〜260g 7.5〜9.0mだと思います。いずれにしても【

 川の流れの始まり 頂上付近は高低落差の大きい岩盤層で沢か・滝となり河川らしく水面を一気に平地に近づけます。
透明度の高いこれら山岳の雫は思わず乾いた喉を潤し五臓六腑に滲みわたって行きます。
目印に山女魚が何度も飽きないのかと思う程必用に飛びついて存在感をアピールしに来ます。
場所を変え瀬の脇を引くと囮に変化が出ます。魚信!!です。
玉網で受けた二匹。追星とパーマーク。盛んに怒りを訴えています。
こんな川相では翔龍竿MHH90U CHIKARAが大活躍です。

龍竿MHH90U CHIKARAがのテスト画像の公開です。以下の画像は笹濁り(8月上旬)と増水(9月上旬)他



今回も快く調子を見計りアドバイス〜訂正〜修正をするテストの御願いを二つ返事で引受けて下さった。
関東鮎師の粋人 福○ ◇人(ダイワマスターズ2回制覇)に感謝

かすかに見える蛍光ペンで書かれた
」の字
7〜8〜9〜10月と3ヶ月余
使わせてもらった感想「最高」
スペック上 錘最大0〜3号 思わず
3号を付ける時は♯1K(替穂)なら安心
台風に翻弄されながら半日25〜30匹
釣らせてくれる「my River T川
母川回帰をテーマに河川を綺麗にする
運動で天然遡上も始まった T川。
採光の加減で白く写っていますが本日
27匹目の天然ちゃん。
感度は抜群軽さプロトで208gで問題なし
細身23.5mmは操作性向上を推進。
細い竿は高級感が漂うのが好きだ。
テストですからギリギリの判断の際はGO!のお墨付きを頂いてから力まず攻めの
釣りが出来た。ダムの放水もあり普段は多用しない1.85mmの替え穂に3号のシンカー
を付け底へ底へと囮を馴染ませるやり方。増水時に又は瀬の一番鮎から釣って行く時に
用いる流速に合わせるが為に沈むまで錘を足す。  何がいけないのか?!(下段へ続く
(上段からの続き)
囮を沈めるだけなら5でも7でも10号でも良い訳だし鼻オモリでも良いはずだが釣果は伸びない。
オモリは囮が流速の中で泳ぐ 馴染ませる為に補助する役目を担う。つまり錘を基点に25〜30cm下流で泳いで要られる状態にする。
尾を振り背びれを立てて胸鰭でコントロール上下左右前と動ける囮は反応も早い。
竿の選択と良し悪しの話だが軟調〜泳がせ〜中硬等で胴調子の竿を荒瀬で出さないのは竿の曲りが下流に利きすぎてオモリの付いた囮を上流に引き上げる時のパワーロスは大きく一回毎の馴染ませにロスが多くなるばかりではなく、最大の弱点・ネックは釣って
掛って取り込んで鮎釣りは釣りとして完成するのだが特に取り込みに問題が多いからだと考える。
 流速に合わない竿だと・・・・・・魚信!#1・#2・#3流速に合わす様に下竿になる〜立たない!起こせない〜のされる 強引に引き合う!・・・・・・・・・・・・どうなうかは腕次第。

しかし、この竿 翔龍竿Uは違っている。
ふらつかない胴と捌きよい先調子は難なく3号囮を急瀬に素早く沈め「馴染みOK!」の合図を軽く竿先に残し教えてくれる。
瀬では鮎の活性は良く縄張りの排斥動作も大きいが掛り鮎の前魚信で取り込み体制(流れに乗らないうちに竿を立てる事)を取ると良い。  難しいからしないのではなく釣行の際に意識を持って挑戦して欲しい!
技術論もあるが先ずは感度の良い張りのある竿を選ぶ事。
囮が、野鮎が追うのか。?前魚信は 「竿先を一瞬 ファ〜と戻します。
その後 1〜2秒後コツッ-コッを竿に針〜糸を通じて追い掛りをした事教えてくれます。
翔龍竿Uが竿感度が良いのは高弾性・超高弾性カーボンを使っている証し。。。。。

何によりも驚いた事 なんと\145000である事!!!大手3社なら 20万円はするでしょ

竿の画像を今一度見て下さい!
ベタ気味に斜め45度〜55度と竿を寝かせても起こしてもだれない。
竿に余裕の力が残っているのが見て取れる。
晩秋10月江戸前の鮎ですよ。
サビが出始めるとちょっと寂しいよ。
解禁まであと7ヶ月

夢があるんだ!

2020年東京オリンピック開催の年
までにはもう少し天然遡上の鮎=江戸前の鮎を増やしたい!」
その為には河川美化を徹底・水質を昔に戻す運動をして行く。江戸めぇの鮎でおもてなし!これが夢なんだと少年の様に微笑んだ。
評】
フナヤオリジナルを知ったのはかれこれ10年ちょっと前だったと思う。
関東某河川へ釣行した時見掛けた鮎師が使っていたのがあの征龍竿EX。
まあ掛けるは掛ける!のよ。手際も良いし竿の曲り〜たまり 抜き軌道どれをとっても惚れ惚れしちゃって、居てもたまらず見ず知らずの方に御願いして竿を貸して頂き爆釣!!満足の釣行だった。
その次の日にはフナヤさんに注文していました。(笑い)
今回の翔龍竿U純正#1/1.5o・替穂1.85o+早期予約キャンペーン(2月末迄の特典ソリッド穂先)で臨機応変な釣りが出来るのも嬉しい。
僕はハナっからのパンチ力のあるチューブラ穂信者でフラフラの穂先は性にあわないし針掛りが悪くなる様な気がするが来季は使って見る!
先調子感は抜群・8本継で23.5o(グリップエンド25.3o)と超細身で捌きが利くの為片手でも引き・掛け・抜く動作がく事ができるぞぉ。
フナヤオリジナルと言えば「先調子・強気の攻め・高感度・好操作性:軽量等が思い浮かぶが何よりも動作が遅れてのされ気味になってもすぐに主導権を取り返せる先調子観 快感の世界そのもに素晴らしい。今年は去年
ONE RANK上の竿がONERANK下の値段で買えると言うのが何よりも一番良い事だと思う訳ねぇ。 
先調子が感度を生む不可欠な要因であるが水中の様子を逐一音で RODACTIONで教える
が最大級の方法を講じる事・
0..05や0..07号を「瀬釣りに連用する進歩的鮎師が増えてきているがここで重要な事は仕掛を構成シテいる天井糸〜水中糸〜つまみ糸等
極細仕掛の修正・点検・調整は必須であるというこ
寄り感度を出す為に伸度の少ない素材を使う事で展開もかわちゃう訳ですよ。
伸度=伸びが少ないのはPEエステル>フロロ>ナイロン>天井糸はPEが良く似合いいます。

鮎つRをこよなく愛す貴方へ
河川で出会ったら気軽がるにお声掛け下さい!

:

翔龍竿MHH90 U CHIKARA
145000下記から内金御予約コースも選べます
156600円  税込
在庫:
全額コース
数量:
御予約・内金コース:
数量: