ソリッド穂先(貴方の釣りがちょっと変わります!)

ソリッド穂先にまつわる話・ソリッド穂先の考え方

随分最近まで(数年前)、個人的には、「チューブラ穂先信者」であって使い勝手の相性の合わない「ソリッド穂先」は信用ならない物であった。

それでも向上心?や、やってみなくては納得の行かない性格のせいかチャレンジは4〜5度あった。
最初は、30数年前、鮎釣りを覚えたての頃、先人の教えや見よう見まね・聞きかじりで半チュー半ソリの穂先を造ってみた。
九頭竜川には伝統的に『鯨穂・くじらほ』と言って鯨の髭を先竿に付けて柔らかく穂先をチューンする方法があった。
でも、もうその頃には鯨の髭はなく、グラスソリッドを差し込んで穂先を曲がる様にするのが通常であった。
何が良いのか!?『前魚信(あたり)と針の食い込みが良い』耳年増は納得も早く、成る程!即実験。造る事は朝飯前。完成。

現場で実釣実験開始。勇んで瀬の中を引きにかかった。竿先が馴染むまで竿先がふらつく、グーンと先竿がお辞儀したまま底石に着く。
いつもの様に竿先を上に引こうとするが付いてこないばかりか流速抵抗を受けて竿先が上下する。
確かに鮎は掛かるが竿が突っ込み過ぎて出てきた鮎が水面を叩く。 2〜3度使用したがやめた。
(今思えば、流速とオモリの使い分けと素材がグラスの為、竿先のバランスを取る事が出来なかったのだろう。)

2度目は竿を詰めて硬くし入れ掛かりを堪能した20数年前の鮎釣りブーム全盛頃。
#1はいきなり5cm以上CUT!#2・3・4・5・6は各パーツ中央付近を切って下から差し込む曲がらない竿の完成。
後半は良いのだが初期の対応でソリッド穂先導入!『竹の子の芽の様な超先調子」が誕生。殆ど曲がらず先がピョッコと会釈する。
掛けて抜く!という作業的には良いのだが「鰹の一本釣りの様で、繊細さも情緒もない。
叉、根掛かりの様な状況=竿と糸が垂直状態でくっついて天に向かって立ち下方に荷重が掛かり過ぎるとソリッドの差し込み口が折れた。
硬すぎて曲がる、つまり逃げる所がなくて「パーン!!」という大音響でリタイア。 一年に3度あって諦めた。
(ソリッド穂先がなくても鮎が、沢山いてよく釣れた良き時代)

3度目は[D社銀○競技SF」出始めの頃。SFってそんなに言う程良い物かと早速購入。竿自体は軽くて細くてなかなか良い感じ。
しかし、必要以上に全体が柔らかいSF調子のソリッドは不自然と感じてはいた。
現場での実釣!目印が岩盤の隙間を縫う様に登っていく。目印がかすかに振れる、「あたる!」と思った瞬間目印が下方に飛ぶ。
してやったり!・・・・・・・・!?ついていない?!あれ!?気を取り直して下からゆっくり竿を立てながら引き止め泳がせ。
今度も見事に目印が水面下に消し込む。今度こそは!・・・・・!?掛かっていない!何故!?針が合わない?!狐型に交換。
足元から泳がす。3mもいかないうちに目印が飛ぶ竿先にも感じる魚信。今度は付いていた。
原因が判明した。針が・・・・いや違う!竿先にテンションが乗らないと掛け合わない場合が多いのだ!
この現象は磯竿のトーナメント磯「タフネス穂先」というケプラー繊維を融合させた先竿だけが満月になるチヌ竿でも経験があった。
ウキに魚信が出てあわす!その瞬間、竿先が異常に海水面に突っ込み過ぎて普通の竿とは別扱いをした現象。
つまり針立ちの悪さを感じた時と同じ感触であった。
グレ釣りの様に魚信があったら合わせを入れる!でも・・・・・・鮎釣りに来て合わせを入れる?!習慣まで作りたくないからやめた。

ところが、ソリッド教にも入信しても良いと思いだしたのは、フル65dの競龍竿で引き釣りをしていた時、、瀬の中は順調に魚信あり!
攻めていない瀬脇のヨレに背針仕掛で囮を止めて下げる、竿を立て気味に引くを繰り返すと一サイズ大きい鮎が掛かる!掛かる!独壇場。

でも、釣りながら違和感を感じている。「穂先が微妙に硬すぎる!細かなテンションを与えたら・・・・」「そうだノーマルソリッドを持っている」
修理チューニングを頼まれた「売っているのに使った事がなかった部品」が数本積んである。差し替えた。
案の定微妙な動きはソリッドの柔軟さが効き、思いがけない所でも入れ掛かる。
抜きの安定感にやや欠けるが掛ける事が優先。競龍竿の様な硬硬調はPowerタイプソリッドなら掛ける事も抜きも補いが付くと一人合点。
瀬を自分の意志で引きたい!止めたい!鮎師には「攻めの高弾性素材でありながら先径0.8mm高感度PTS(パワータイプソリッド)」が似合う。
次回からは敢えてヒワヒワ感の少ないPTSを多用し始めた事で瀬の攻めバリエーションが増えた気がする。

「鰯の頭も信心から」の如く、自分用のソリッド数種類とセロテープは持ち歩く様になった。
セロテープは微妙に合わないけど使わないかも知れない竿用のソリッド穂先チューンアップ対策の裏技時必要アイテム。
#1の下部にセロテープを斜め巻をして嵌合調節をすべし!但し2重迄の微調整に限る!
テープ巻き微調整、個人の判断での行為とし、破損に関しては自己責任で苦情等は一切受け付けません!(笑い!)
#2〜3の現場での破損修理にも役立つ時があります。(修理は必ず後日して下さいよ!)超裏技とします。

チューブラ派が手前味噌的ではあるがソリッドも信用する様になった。

長所を総括的に述べると、 @初期対応が効く! A渇水時や細糸仕掛に適応! B何よりも感度が増す! C引き釣り時になじみが効く!
D囮がやや長持ちする! E現場で水況・釣況を見てチューニングが出来る! F探りが丁寧になる!・出来る!etc etc。

喰わず嫌いは、やはり損!です。勿論、チューブラ穂ありきのソリッド穂先だと思いますが、水温が低くて・・とか、プレッシャーが多くてスレ気味・・、等々原因が判っていて対応出来ずに手を拱いていた事が有りませんか!?

現場で出来る解決方法の一つの素早い対応方法が先竿を入れ替えるだけのソリッド穂先チューニングです!
一つの光明だと考え、臨機応変に多用すべきと考え、お勧め致します!!


ノーマルソリッド  5000円(本体価格)5400円(税込)
先径0.9mm 全長85cmソリッド40cm/チューブラ45cm回転直感TOP付

チャラ瀬・平瀬・早瀬・急瀬から荒瀬迄スイスイ、じっくり攻め込む硬さも手頃なNTS(ノーマルタイプソリッド)

サイズ・mm 3.6 3.8 4.0 4.2 4.4 4.6 4.8 5.0 5.3
ソリッドトップ2本以上お買上・穂持をお送り嵌合調節御希望の方で
2本以上の場合返送時送料は小社負担です。
(振込手数料は御負担下さい)
「カゴに入れる」をクリック後注文フォームに従い進みますと¥32400未満は自動的に
送料¥756(全国一律)が計上されますが、小社より訂正メールを差し上げます。
その訂正金額を指定金融機関にお振込下さい!商品発送は入金確認後とします。
当社オリジナル鮎竿に再装備・新規装備をお考えの方「記事」・配達希望日の欄に商品名と
NT(ノーマル)かPT(パワー)叉はHPT(ハイパワー)の区別を書き添えてお知らせ下さい。
フナヤオリジナルNTS
(ノーマルタイプ ソリッド) 
在庫:
 サイズ:
数量:

パワーソリッド(高弾性カーボン)  6899円(本体価格) ¥7450(税込)
先径0.8mm 全長80cmソリッド30cm/チューブラ50cm回転直感TOP付

どちらかと言えば流れに負けず積極果敢に竿先を引きたい攻撃的鮎師の為のPTS(パワータイプソリッド)

サイズ・mm 3.6 3.7 3.8 4.0 4.1 4.2 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 5.0 5.2 5.7
フナヤオリジナルPTS
(パワータイプソリッド)・・・先径0.8mmとノーマルソリッドよりも細い設定です。
高弾性と短めの設計は引いて良し曲げて良しの攻めのソリッド。

在庫:
 サイズ:
数量:

よりタイトに急瀬を攻めるリーサルウェポン!オリジナル!
ハイパワーソリッド(高弾性素材) 7000円(本体価格)  7560円(税込)
先径1mm 全長75cmソリッド25cm前後/チューブラ50cm直感回転TOP付き
極細チューブラ穂先に近づく調子と、チューブラに勝る超高感度を現実化!

サイズ・mm 3.7 3.8 4.0 4.1 4.2 4.4 4.6 4.7 4.8 5.0 5.2 5.7
フナヤオリジナルHPTS(ハイパワータイプソリッド
 
フナヤオリジナルHPTS 在庫:
フナヤオリジナルHPTS サイズ:
数量:


当店オリジナル鮎竿対応表

竿名 NTS(ノーマル)
0.9mm/85cm
PTS(パワー)
0.8mm/80cm
HPTS(ハイパワー)
1mm/75cm
2〜3者選択時の決定要素
翔龍竿90 3.8mm 3.7mm 3.7mm ノーマル3.8mm微調整
SuperFine早瀬90 4.0mm 4.0mm 4.0mm
風切竿85 3.8mm 3.7mm 3.7mm ノーマル3.8mm微調整
征龍竿90 3.8mm 3.8mm 3.8mm 3.8mmが嵌合浅めのVジョイントタイプ
征龍竿90EXPM 3.8mm 3.8mm 3.8mm 製品に3種のソリッド純正装備
四軸早瀬水切竿90ZP 3.8mm 3.7mm・3.8mm 3.7mm/3.8mm 3.7mmが嵌合浅めのVジョイントタイプ
急龍竿90 3.8mm・4mm 3.8mm・4mm 3.8mm・4mm 4mmがしっかり嵌合の安定タイプ
引抜急瀬90 4.2mm 4.1mm・4.2mm 4.1mm・4.2mm 4.1mmが標準嵌合タイプ
引抜急瀬ECO 4.2mm 4.1mm・4.2mm 4.1mm・4.2mm 4.2mmは強めに引きたい深嵌合
双龍竿85/75LC 4.5mm 4.5mm 4.5mm
競龍竿90 4.2mm 4.1mm・4.2mm 4.1mm・4.2mm
龍星☆竿90 4.2mm 4.2mm・4.1mm 4.1mm・4.2mm パワーを持たす感覚の嵌合mm数提案
四軸龍硬硬調90 4.2mm 4.1mm 4.1mm
SLU超硬90 4.6mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.6mm浅めの嵌合でカーブ優先
SLV超硬90 4.6mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mmが標準嵌合値
SLU超硬94 4.6mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.8mm深めの嵌合でパワーアクション
豪龍竿90 4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm
豪龍竿U90 4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.7mm・4.8mm 4.8mmが標準嵌合
SH超超硬85 5mm 5mm 5mm
SHU超超硬85 5mm 5mm 5mm
龍芯竿915 5.3mm 5.2mm 5.2mm
撃龍竿925 5.3mm 5.3mm 5.3mm
撃龍竿U925 5.7mmを調整 5.7mmを調整 嵌合微調整の必要有り!
撃龍竿K'SV925 5.7mmを調整 5.7mmを調整
FM81/85/88 4.8mm/5mm 4.8mm/5mm 4.8mm/5mm フィールドマスターシリーズ

征龍竿・急龍竿3.8mm(PowerTypeは4mmで嵌合して、接合を敢えて長くしカーブベンディングを鈍角にしよりPowerfulに使う方法もあります)
引抜急瀬・引抜急瀬ECO・競龍竿・龍星☆竿4mm〜4.1mm〜4.2mm(やや強引な釣りをされる方は太めで嵌合させてカーブを鈍角にされる方が良いかも。)
SLU超硬・豪龍竿・4.6mm〜4.8mm
SH超超硬85・FMシリーズ4.8mm〜5mm
龍芯竿 5.2mm
撃龍竿U 5.7mmを微調整!

全商品直感TOP!お持ちのどの鮎竿にも適合!フナヤオリジナル以外なら穂持ち(#2)をお持ち下さい!