NEW AYU ROD
(新作鮎竿)について                   第2章に戻る        第1章に戻る 

第3章 鮎釣りよ永遠なれ!
Kちゃんが憂う気持ちは福井県民ばかりでなく自然の恩恵を受けている我々全ての願い。

MF氏 ホーム河川と鮎
「家の裏が河川!」と言う恵まれた環境と何事にも本気で打ち込む「真剣さ」が2度のMチャンプへ導いた。

前日の雨で立ち込む所まで水位が上昇。
メタルとハイテク糸との複合ライン 0.05号だか早い勝負に
出る為オモリで沈める作戦。
 1+1.5号・1+2号=3号の瀬でも早瀬 龍は多用出来る。
価格は¥160000(税抜) 172000円(税込)でリミプロ・銀影KSPを
買うならフナヤオリジナルを2本買ますよ!!!



「ぶったまげちゃいますよぉ!!
九節魂 斬龍855!  軽いわPowerはあるは、・・・
5号の錘がいる瀬でもスイスイ引けるし抜ける。

何より感度が素晴らしい!売価も137500円(抜) 148500円(込)
売れるよ!9本継! 九節魂855

盛期なら40〜50匹は硬いんだが〜ぁ
型は20〜24cm 最大27cm90〜100g〜150gかな?
プロになればなる程  寸法目方とも昔の言い方をする。
確かに「33cm/300gより 尺一寸 八十匁」の方が大きく聞こえるのは私だけだろうか? 。                                                                                                                                     御客様から「あの竿良かったよ!」と言われた時の嬉しさは    初回企画〜打合せは2年前のシーズン中から始まる。長い道のりを歩んで、辞めようと思った事もありました。使ってなんて良い竿だと思う瞬間が継続してると感じる至福の時である。                                                                                                                                                


関東某所









9月23日 これでいいんです!これがいいんです!!!
夜8:30Fさんよりつなぎが入る。
急いで受話器マークをスライドさせる。
○×のF・・・名前を遮るかの様に開口一番「竿!どうでした!!!!?」
「どうでしたもこうしたもああも講もないすよ!」『土器!時!ドキ!ドキ冷や冷や』私  「兎にも角にもぶったまげました!よ! なんて竿だ」
竿の評価は一目瞭然!完成度の高いハイクオリティロッドである事は事細かに
前ページに言うてあるので割愛させて頂く。
一っだけ
早瀬龍を誉めたい事。それってぶっちゃけ価格=税込売価を20万以下17万円台に抑え込んだ事。大手3社の他U・O・S・V・S社にT社等々看板竿は20〜25万と買えそうで買えない30〜40万円の竿。
データースペックでは17万円の倍の35万設定が10g軽量化されているだけ
富裕層の人でも毎年は買えない。つまり何が起きるかも判らない時代と云う事でしょう。行け行け! GO!GO!の時代は高い物 高い方が良い物だ!と
価値感が高額で他人が買えない物だった。友心竿・エクセルシオの時代。
今でも30万円の竿をカタログだけで購入する人が多いので驚く!
 見分け!見定めもしないで購入するのは都会に住んでいて近郊外のshopが1〜2〜3〜4〜5月に新作鮎竿の展示会をする時どこかで、見ればいいとの恵まれた環境もあるよ。それと一度気に入ったら孫子の代まで的不変性もある。
フナヤオリジナル貸出し制度を利用しもっと自由に平常心で見極めて欲しい。
見分けながら終始一貫した「先調子」竿オンパレードの中からフィットする
する竿を選択すればいい・・・・・・・・・・。
御世辞じゃなくて【早瀬 龍】はシャープさを追求した早瀬調子の王道。
竿が技量を引き出してくれる本格的実戦竿だ。
ノーマルから背鉤・オモリ迄釣る為の仕掛けで攻めたが全てに対応する
ウルトラロッド!  征龍竿をもっと使い易くした感じ。
Fさんは熱く語ってくれました。



 F氏  べた褒め 九節魂 斬龍855
竿の名前とは思えぬ九節〜〜〜〜の読み方であるがそのまま
きゅうせつこん ざんりゅう855 きゅうせ はーど」と御読み下さい。
最初
より9本の節の組合せから新作を造る事を意図した竿であり
魂が込められた自信作!  9節効果は節の重なりが生むPOWERと強度
風を切り 嵐を切り 流れを切る!そして龍を斬る竿となった。
節数と節の長さの調整〜調合で未来系ロッド
河川は地球上では高い所から低い所に流れるが勾配の角度20度もあれば急流。
瀬を釣る=石を釣る。横〜前〜向う横〜裏そして石上面!
うわっらを釣ってるか確かめる。
金属糸の磨れる音より小さな異音を発する鈎が磨れる音の場所が石の上。
つまり今石のどの辺を釣っているか目印で目視し竿の感度で囮を操作し掛ける。

もう一つはオモリを石にぶつけ引き上げて行く方法。
これも竿に感度が在り過ぎる位が良い。
コンコンコッ流れの変化がある所では待つ!石裏に潜んでいるやつが・・・・・・・!

それも感度抜群の九節魂855Hが操作を楽にさせてくれるから。
回りにいた鮎師もぶったまげていた。
竿の安定感と言いバランスと言い感度と言い今からでも欲しい。

こで平成30年NEW RODスペックを記載する
早瀬 龍 HIGH POWER 90 Maji 
全長90m 仕舞寸法141cm 自重222g 先径1.65mm 元径24.3〜26.3mm
¥160000(本体価格)172000円(込)
ここから購入できます!在庫:
数量:
九節魂 斬龍 855 急瀬H 
全長8.55m 仕舞寸法135cm 自重235g 先径1.55mm 元径25〜26.3mm

¥137500(本体価格)148500円(込)在庫:

ここから購入できます     数量: